サポステ

サポステ33~35回目&この3か月の就労に向けた動きのまとめ

太陽です。

遅くなりましたが、この3か月間にあったサポステと、就労に向けた動きをまとめてみました。

そこそこ動きがあったので、引きこもりから就労に向けて動いてみようと思っている方がいれば、参考にしてみて下さい。

前回(サポステ32回目)までの動きは、こちらをどうぞ↓↓

サポステ28回目~32回目 頑張って通い続けた結果、少しだけ前進太陽です。今回は久しぶりにサポステ記事です。 アルバイトに挑戦し、上手くいかず辞めてから、合計で5回サポステに行っていました。 ...

ハローワークで、職業訓練の説明を受ける

経理の仕事について

前回(32回目)のサポステで、経理や会計の仕事を目指してみようという事になり、そのためにハローワークに行くことになりました。

経理の仕事の職業訓練を受けて、その方面で就職につなげようという訳です。

また、給付金を受けながら職業訓練を受講できるシステムについても、詳しく話を聞いてみるのも目的の一つ。

可能であれば、ぜひ給付金を受けたい所です。

久しぶりのハローワーク

9月下旬。ハローワークに行ってきました。

最後にハローワークに行ってから、おそらく12、3年は経っています。

それゆえ、僕のハローワークの登録情報自体が消滅していました。なので、まずはハローワークに登録するところから始めます。

住所、年齢、希望職種などの基本情報から始まり、仕事に関する希望などのかなり細かい情報を書き込み、登録しました。

登録後は、職業訓練と給付金について説明を受けに来たことを伝えます。

しばらくすると、職業訓練担当の職員方が来てくれて、詳しくお話を聞くことになりました。

ですが……。

別の所を勧められる

最初はハローワーク職員さんから、職業訓練&給付金についての説明を受けるところからスタート。

そして具体的にどんな職種で職業訓練を受けるかの話になった時に、話がちょっと違う方向に行くのを感じたんです。

僕は経理や会計の仕事で職業訓練を受けようと思っていることを伝えたのですが、それを聞いた職員さんが、なんと言うかちょっと態度が変わった感じになって。

『会計や経理などの事務仕事は、ほぼ若い女性ばかりで、しかも非正規がほとんどですよ?』

『企業は即戦力を求めているので、未経験では厳しいでしょう』

という話になり、あなたにはあまりおススメしない…みたいな流れになったんです。

経理・会計の職業訓練を受けるのは自由だけど、それで就職に結びつくかというと厳しい所があるようですね。

そして、『職業訓練なら、もっと他にあなたに向いてそうなこんな感じのがある』と、全く別の職種の紹介を始めたんです。

なるほど…。

経理・会計の仕事はあきらめることに

きっと、この職員さんは親切で言ってくれたんだろうなと思います。

僕が今から経理などを目指そうとしても、やはり厳しいのかもしれません。

逆に、職員さんが後から持ってきてくれた別の職種での職業訓練では、40歳以上でも就職率がほぼ100%という話でした。

僕は現在39歳で、この年齢から就職を目指すには、少しでも確率が高い仕事を選ぶのは一つの方法かもしれません。かといって、それが自分に合うかは難しい所です。

ひとまず、会計・経理の仕事はやめておくことにしました。

サポステ33、34回目

10月に2回のサポステ(33、34回目)がありました。

そこで、経理・会計の仕事はやめようと思うという話をしました。するとサポステスタッフさんいわく、

ハローワークの職員さんはどうしても「結果」を求められる部分がある…すなわち、より多くの人を就職に結びつけないといけないそうで、少しでも確率が高い職種に誘導するみたいですね。

それで僕も、事務系の仕事ではなく違う職種の話を持ってきたみたいです。

事務系の仕事でやってみようというのは、サポステ相談員さんと相談しながら決めた事だったので、スタッフさんも少し残念そうにしていましたが…

また考え直しですね。

という事で、サポステ33回・34回目は、次にどんな仕事を目指してみるか?という話題になりました。

色々と話し合った結果、新たに出てきたのが【福祉系】の仕事でした。

ちょうど福祉の仕事の説明会があるそうなので、とりあえずそれに参加してみる事にしました。

福祉の仕事の説明会

そして11月上旬、福祉の仕事の説明会に行ってきました。

専門の方が来てくれて、福祉業界についてかなり詳しく教えてもらえました。

お話を聞いていると、福祉の仕事はとてもやりがいもあるし、福祉の仕事で身につけたことは、日常のあらゆる場面で役に立つそうです。

将来、人工知能(AI)が台頭してくると、仕事をロボットに任せるようになり、人間が行う仕事はだいぶ減るとも言われていますよね。

そんな中でも、福祉の仕事だけは絶対に無くならないという話がものすごく印象に残りました。

きっと、人間の根源的な部分につながる仕事なんだろうな…と。

また、福祉業界は現在とても人手不足で、就職率はかなり高いそうです。

その反面、離職率も結構高いそう。仕事がきつい部分はあるようですね。

話を聞いているうちに、福祉の仕事ってけっこう良いのではないか?と思うようになりました。

サポステ35回目

福祉の仕事の説明会が終わって数日後、35回目のサポステ。

相談員さんには、福祉の仕事に興味が出てきた事、その反面、僕にやれるかどうか不安がある事なども伝えました。

福祉の仕事って、完全に人と接する系の仕事ですよね。

自転車ショップでの接客・販売の仕事で失敗してから、『接客だけはやめておこう!』と思っていたので、福祉の仕事なんかやれるのだろうか…という訳です。

いや、接客販売より、福祉の方がよっぽど人との関りが深いはず!

次の仕事はなるべく人と関わらないで済む仕事にしよう!って思っていたのに、福祉の仕事なんて真逆ですから。

だけど、サポステ相談員さんは、福祉の仕事は僕にとても向いてる!という事を言ってくれました。

福祉系と言っても分野が色々ありますが、その中でスタッフさんが僕に向いてると言ってくれたのが障碍者福祉。

性格的にもとても向いているし、引きこもり支援団体で仕事をしている経験も活かせるとのこと。

そして今度、福祉センターに見学に行ってみる事にしました。もう少し詳しく話を聞いてみたいという気持ちが出てきたんです。

福祉の仕事の見学

2021年12月。福祉センターに見学へ。

そこでも、前回の説明会とはまた違ったお話を色々聞くことができました。

障碍者福祉についての情報も、だいぶ詳しく教えてもらえました。

お話を聞いているとどうやら、福祉の仕事を目指すに当たって、1日職場体験や見学ができるそうです。

職場体験をすると、福祉の仕事についてさらに詳しく分かるかもしれない。ということで、今度思い切って職場体験に行ってみる事をすぐに決めました。

まとめ:色々と動いてみることに

まだ、福祉の仕事をするかは全然決まっていないのですが、とりあえず動いてみようと思います。

動いて経験してみると、色々見えてくるものがあるはず。動いてみないと何も分からないですしね。

経験してみて出た結果をふまえて、どうしようか決めようと思います。

引きこもりから毎年少しずつ歩みを進めてきて、今年はとても大きな変化がありそうな気がします。

人生まだこれから、頑張ってみよう。福祉の仕事の1日職場体験は、また記事にしようと思います。

【この記事のまとめ】

・会計、経理の仕事は、各事情を考えて諦めることに

・福祉の仕事に興味が出てきたので、今度1日職場体験に行ってみる

・今年はとにかく色々動いてみて、変化させていこうと思う

太陽