一人暮らし・お部屋探し

初めての一人暮らしでいきなり理想物件ゲット!僕が実践した5つの事

太陽です。

 

賃貸業者エリッツのお店に行って、2週間が経ちました。

現在は、賃貸契約を進めている最中です。

契約の流れなどは、また別に記事にしたいと思います!

 

お店に足を運び、気になる物件について説明してもらって、

その結果すごく良い物件に出会う事が出来たわけですが…

 

実際にお店に行ってみたことで、

気をつけたい事・注意すべき事・お店に行く前にやっておきたい事など

色々分かったんです。

 

特に、初めて賃貸のお部屋探しをする人は、とまどう事や困る事も多いと思います。

今回は、僕が実際に賃貸仲介業者に行って分かった、

初めてお店に行く人が実践したい5つの事を書いていきます。

 

実践1:単独ではなく、誰かに付いて来てもらおう

お店に行く時は出来れば単独での来店は避けたほうがいいです。

特に一人暮らしが初めて・賃貸業者に行くのが初めての人は、誰かと一緒に行くほうが良いです。

 

これは、一人暮らしをした事のある引きこもり支援団体のメンバーさんに教えてもらいました。

 

なぜかというと、全く経験のない人が単独でお店に行くと…

経験の無さから相手側のペースになってしまって、相手の言われるがままになってしまう可能性があるから。

 

その結果、あまり良くない物件を持ちかけられて契約をしてしまったり、

余分な初期費用を払ってしまったりする事があるそうです。

実際、そんな悪徳業者も一部いるみたい。

 

ですが2人で行くと、そんなトラブルをかなり避けられるとの事です。

(このメンバーさんのお話は、もう20年も前のことなので、現在はかなり状況が違うと思いますが)

 

僕の場合、うちの母に同行してもらいました。

うちの母は事情があって何度も何度も引越しをしているので、

物件探し・引越しに関しては業者なみの経験と知識を持ってるんです。

今回の一人暮らしの情報集めにおいても、色々教えてもらいました。

 

賃貸契約には、保証人が必須

それに、賃貸マンションを借りるとなると、「保証人」が必須なんです。

 

※保証人とは何か??

もし契約者が、家賃を払えなくなったり、お部屋の設備を壊してしまって弁償できない時、

契約者に代わって保証人がお金を支払ったりします。

 

賃貸の契約書にサインをする時…

契約者は認印だけでいいのですが、

保証人は「実印」と「印鑑登録証明」の提出が求められるんです。

それだけ、保証人は責任が重いということですね。

 

保証人がいなくても契約する方法はあるみたいですが…

物件を借りる時、保証人は必須条件と考えてまず間違いありません。

 

ほとんどの場合は、自分の親に保証人になってもらう事になると思います。

特に初めての一人暮らしの場合、分からない事だらけなので、

親に保証人として一緒に来てもらえば、上記のようなトラブルも防げます。

(いまどき、悪徳業者はいないと信じたいですが…)

 

僕の行った賃貸業者「エリッツ」は、関西ではかなりの大手ですし、

うちの母も何度もお世話になってるとの事で、安心でした。

 

実践2:物件は自分であらかじめ何件か用意しておこう

ネット予約時に希望する条件を伝えることになりますので、

お店の方でもそれを元に物件の準備をしてくれます。

 

ですがそれに加えて、自分であらかじめ希望の物件を具体的に出しておくことで、

実際にお店に行ったときのやり取りが、格段にスムーズになります!

 

僕も、希望条件で物件をかなり詳しく調べて、10件ほどピックアップしておきました。

で、その物件情報を全てプリントアウトしておいて、来店の時は特に気になる4つの物件を持って行き、エリッツスタッフさんに

「こんな感じで探してます!」

とその紙をポンと渡しました。

 

すると、スタッフさんも希望物件をはっきりイメージできるので、

物件の良い所悪い所をより詳しく説明してもらえるようになります。

 

僕の場合は持っていった4つの物件の中から理想の物件を発見できましたが…

もし全部ダメだった場合はスタッフさんから新しい物件を紹介してもらえたはず。

 

その時でも自分の方で詳しく調べておけば、比較もしやすくなります。

このように、自分で一人暮らしのイメージを膨らませながらお部屋を前もって詳しく見ておいて、可能ならプリントアウトして持っていきましょう!

 

実践3:悪い所をハッキリ言ってくれるスタッフさんを見つけよう

物件の悪い所を、隠さずはっきりと言ってくれる――

ここは、最も重要なポイントだと思います。

 

僕は初来店で、いきなりそんなスタッフさんに担当してもらえることができたので、

非常に幸運でしたね。

 

お店のスタッフさんという立場だと、やっぱりお客さんに契約して欲しいでしょうから…

悪い所は隠して、物件の良い面しか言わないことだって、しようと思えば出来るはずですよ

ね。

でも、それをあえて悪い所を言ってくれるのは、お客さんに本当に良い物件を薦めたいという心から来るものでしょうし、

悪い所をキッパリ言ってくれるスタッフさんの方が、かえって信頼できます。

 

もし、僕の担当スタッフさんが悪い所を言ってくれない人なら、

持って行った一番最初の物件

「コート・VAVA-MKⅡ」で契約してただろうな…って思うんです。

(その時の様子はこちらをどうぞ↓↓)

賃貸のエリッツ実店舗へGO!①そこで初めて知った衝撃事実とは!?太陽です。 ついに、先日予約した賃貸の仲介業者の実店舗に行ってきました。 これまでは一人暮らしの情報を集め、...

 

そこを、「日当たりが悪く不人気物件です」と思い切りキッパリと言ってくれたので、

別の所にしようかなと思えました。

「ヴィラ・シグマ」も「メゾン・ド・ゼロ」も同様です。

 

(※僕にとって気に入らなかったというだけで、そこを気に入る人も中にはいるだろう…ということは書いておきますね)

 

その結果、理想物件「マンション・エックス」に出会う事が出来た。

これも、デメリットを隠さず言ってくれたスタッフさんのおかげだな、って思うんです。

 

ネット来店予約の時、自分の希望を書く欄があるので、

「デメリットをハッキリ言ってくれるスタッフさんにして下さい」と書いてしまっても

いいと思います。

 

逆に、メリットしか言ってこないスタッフさんは…オススメできないです!

注意しましょう。

 

実践4:質問があれば、どんな事でも聞いてみよう

これも、注意点3に通じる所がありますが、

疑問に思ったことや質問があれば、積極的に聞いてみましょう。

 

どんなにささいな事でも全然大丈夫です。

自分が住むことになるお部屋を探すワケですから、納得のいくまで質問しましょう。

 

これは僕の実例ですが…

物件を見てると、マンションの1階部分に何らかのお店が入ってる事ってけっこうあるんですよ。

コンビニだったり、会社の事務所だったり、飲食店が入ってる事もあります。

それでスタッフさんにって聞いてみたんです。そしたら…

 

太陽「1階がお店の場合って、何か影響があったりするんですか?」

スタッフ「1階が飲食店の場合は、あまりオススメしません。なぜかというと…虫がよく出るからです!」

太陽「虫っていうと…ま、まさか!?」

スタッフ「はい…ゴキブリです!」

太陽「ひええ~~!!」

 

そう…

1階が飲食店の場合、ゴキブリの出現確率がめっちゃ上がるそうです。

 

物件を見てると、中華料理屋だったり、お好み焼き屋だったり、焼肉屋とかあって。

その中には、かなり良い条件の物件もあったのですが…

ゴキブリが出るというだけで、アウトでした汗

 

その他、どうしても夜はガヤガヤしてうるさかったり、食べ物のニオイがしたりするそうです。

質問をして、初めて分かった事でした。

 

その他、マンション・エックスにしたいと思ってからも、

僕にとって超重要な「ロードバイク」のことは質問しました。

もし、ロードバイクが室内保管できないなら…

いくら理想のマンション・エックスでもアウトでした。

 

このように、物件について気になる質問をしてみると、かなり変わってきます。

お店に行った時は、どんな小さな事でもぜひ質問して、疑問や不安を解消して下さい。

 

実践5:気になる物件が見つかれば、絶対見学しておこう

「あ、この物件はかなり気になる!」と思ったものは、絶対見学に行くようにしましょう。

 

スタッフさんのお話だと、見学をせずその場ですぐ契約してしまう方もいるそうです。

中には、最近のお部屋探しはネットで全ての手続きをする事ができるため、お店に来店すらしない人もいるそう。

それはそれで、1つの考え方だと思います。

 

ですが、実際のマンションに足を運ぶ事によって、ものすごく色んな事がわかるんです。

 

僕の場合は徒歩でマンション・エックスに行きましたが…

歩いてる間に、その街の雰囲気を肌で感じることが出来るんですね。

 

街並み、風景、音。

どのくらいの人がいて、どんなお店があって。

道路の大きさや、そこを通る車の交通量。

ここに住んだら、どんな感じなのか…というのが、リアルにイメージできます。

 

マンションエックスは、2ヵ月後の空き予定だったので…

まだ入居者がいるため室内見学は出来ず、部屋の入り口までしか行けませんでしたが…

それでも色んな事が分かりました。

 

マンション全体の雰囲気、マンションの綺麗さとかはどんな感じか。

駐輪場の様子、エントランスの感じ。

 

階段を上がるとけっこう幅が広く、

『あ、これだとロードバイクをかついで階段上ってる時に人とすれ違っても、迷惑をかけることはなさそう…』とか、

色んな事が分かったんです!

 

もしかしたら、パソコン上ではすごく良くても、実際見に行ったら思ったのと違った…

なんてこともあるかもしれません。

 

ですが、行ってみて初めて分かる事です。

気になった所が複数見つかれば、全部回ってみましょう。

 

この記事のまとめ:理想の物件を見つける方程式とは

以上、初めて賃貸の仲介業者に行く人が実践したい5つの事でした。

この5つを押さえておけば、良い物件に出会える確率はぐっと高くなるはずです。

 

分かりやすく、物件探しを方程式にしてみました。

ズバリ!

 

理想の物件=下調べ+良いスタッフさん+見学  です。

 

中でも特に重要なのは、良いスタッフさんについてもらうことですね。

正直、訪れた店舗で良いスタッフさんがいなければ、別の仲介業者に行ってもいいくらいだと思います。

 

この記事をもとに、あなたも理想の物件に出会ってください!

 

あとがき

物件が決まってから、契約に必要なものをそろえたり、

準備を進めてるのですが…

ちょっとよく分かってないのが、「電気」「ガス」「ネット回線」

ですね。

 

電気は、最近自由化が始まって、色んな電力会社から選べるみたいです。

ネット回線も様々な業者があって、どこにすればいいんだ…という感じ。

 

エリッツ経由で、電力会社やネット回線の業者から電話がかかってくるのですが…

「もうしばらく考えます」としか言えてません。

勉強しないといけないです…!

太陽