ロードバイク

超キツい自転車トレーニング!地獄の苦痛を耐え抜き、限界突破せよ!

太陽です。

 

僕はスポーツでロードバイクをやっていて、ロードバイク大好き人間です。

僕が引きこもりを脱出して、自分から積極的に活動できるようになった事、

引きこもりから、正社員を目指して就活をしよう!と思えるようになった事も、

ロードバイクを始めた事がとても大きかったんです。

 

もっと速くなりたい。もっと強くなりたい!

ロードバイクの練習を続けるうちに、だんだん脚力がついて速く走れるようになり、

ついにはロードバイクのレースで優勝する事もできました!

引きこもり人生もここまで変われる! 自転車レースで優勝した話太陽です。 今回は、僕が趣味でやっているロードバイクでレースに出たお話です。思い切って出場してみたら、望外の結果を得る事ができたん...

 

レースでの優勝出来た事が自分にとってものすごく自信になったし、

続けてきて本当に良かったと思えました。

僕の人生はロードバイク激変したんです。

 

そんな僕にとって特別なロードバイクですが…

実はけっこうキツい練習もやっているんです。

今回は、僕がしているロードバイクトレーニングを紹介したいと思います!

 

ロードバイクの練習には、いろんな種類がある

ロードバイクで速くなるには、トレーニングが必須!

 

でも一口にトレーニングといっても、いろんな種類があります。

峠道を上るヒルクライムの練習。

ほどよい強度で1時間ほど走る練習。

坂道ダッシュ。

中には、ケイリン選手が行うような、30秒間全力でもがく練習なんかも。

 

そんな中でも、今日取り組むのは…

「20分間、維持できるギリギリの力を出し続ける』という練習です。

通称「20分間チャレンジ」です!

 

20分間チャレンジとは、一体どんなトレーニング?

20分間というのは、ロードバイクトレーニングにおいて、ひとつの重要な基準タイムになっているんです。

20分しっかり自転車をこぐことで、心配能力も上がってゆくし、必要な筋肉もついて、土台を構築する事ができます。

 

だけど…この20分というのが、相当キツいんです…。

 

20分間維持できるギリギリの力という事は…20分で出しきらなければならないという事!

特に、最後の3分間は歯を食いしばって耐えねばなりません。

 

とてつもなくキツい20分間ですが、ロードバイクで速くなるためには絶対必要な20分!

今日は、その20分練習にチャレンジです!

やる前から緊張してきました…。

ですが、やるしかない。いよいよスタート!

 

0分~5分:早くもキツくなってくる!

スタートと同時に、サイクルコンピューターをスタートさせます。

このサイクルコンピューターで、経過時間・心拍数・パワー・1分間のペダル回転数などが一目瞭然で分かります。

ドラゴンボールで例えると、まさにスカウターですね!

 

さて、ペース配分には注意しなければなりません。

なにしろ20分間ですから、いきなり飛ばしすぎてはすぐに使い果たしてしまいます。

かといってゆるすぎるペースだと、練習の意味がありません。

 

あくまでも「20分間維持できるギリギリのパワー」という所がポイント!

 

サイクルコンピューターを見ながら、自分の体を対話をしていきます。

感じとしては、80パーセントほどの力で入って少しずつ上げていき、ラスト3分で全力で追い込むイメージです。

スタート直後は体もフレッシュだし、まだ余裕。

 

だけど…1分もすると、早くも息が上がってきます。

脚も重く、だるさを感じます。

始まって、たった1分しか経ってないのに!これから来るべき、自転車と肉体のギリギリのせめぎ合いが予感されます。

 

2分。

3分。

心拍は早くも150を超え、体にかなりの負荷がかかっているのが分かります。

このギリギリのラインを、20分間ずっと維持しなければなりません!

 

4分…5分…

どうしてこんなに時間が経つのが遅いのだろう!?

1秒1秒がものすごく長く感じる…。

 

これ以上パワーを上げることはできないけど、下げる事もできない!

これは、そういう練習なのだから。

なんとか5分終了したが、まだほんの4分の1が終了したに過ぎません。

 

残り時間15分。これからがほんとうのの地獄だ…

(出典 ドラゴンボール(集英社)鳥山明)

 

6分~10分:ひたすら苦痛に耐えるしかない!

心拍はすでに160近くまで上昇。息が苦しくて仕方ありません。

そしてペダルを回し続ける脚は、確実に乳酸がたまり、ひたすら重くだるい。

 

「20分維持できるギリギリの力」というのは、時間が経てば経つほどしんどくなってきます。

心拍はジワジワ上がり続け、ひたすら苦痛に耐える時間が続きます…

 

『一体どうして、僕はこんな苦しい事をやっているのだろう?』

『やめたい、今すぐやめたい!』

という、弱気な自分と…

 

『だけどここで我慢して続けるんだ!』

『太陽、おまえならできるはず!』

という、自らを鼓舞する自分が出現します。

 

「今すぐやめたい」という自分と、「頑張って続けよう」という自分が、

延々と攻防を繰り広げています…。

 

だけど、肉体的苦痛はやわらぐことはありません。

しかも、サイクルコンピューターというスカウターによって、自分の現在のパワーが厳格に管理されています。

ちょっとでもサボれば、一目瞭然でパワーが下がります。

 

ギリギリのラインから外れたら、練習の意味がなくなってしまいます。

数字というのは、残酷なまでに正直です…。

 

この20分チャレンジをしていて、特に精神的に苦しくなるが、開始後8,9分のところ。

この時間帯になるといつもなぜか、ドラゴンボールのこの場面を思い出します。

 

(出典 ドラゴンボール(集英社)鳥山明)

 

地球を襲来したサイヤ人との戦闘。

しかし悟空の到着が遅れ、次々と仲間が倒れていく…

そんな時のクリリンの、悲痛なまでの叫びです。

早く20分終わってくれ…という気持ちが、まさにシンクロするんです。

悟空――!!はやくきてくれ――っ!!!

 

10分~15分:何度も折れそうになる心

10分を過ぎ、半分が終了しました。

折り返し地点を過ぎたということで、後10分頑張れば

練習を達成できる…と思うと、なんとか頑張ってやろうという気持ちが再び出てきます。

 

かといって、肉体的なキツさがなくなるわけではありません。

むしろ、どんどんきつくなってきます。

それだけ、ギリギリのパワーラインを攻め続けることは大変。

 

この練習は、自分の意思で続けなければならないので、

肉体的な能力ではなく、精神力を要求されます。

いかに「やめたい」という気持ちに打ち勝ち、続けられるか…?

 

その一点にすべてがかかっています。

 

心拍は160を超え、163,4あたりを示しています。

出力は、何とか設定したラインを維持していますが…

まさに限界ギリギリ。体は悲鳴をあげ始めています…。

『やめたい…』という弱い心が強くなってきて、

何度も心が折れそうになります…!!

 

弱い心を何とか奮い立たせて、ペダルを踏み続けるしかありません。

そしてこの時間になると、苦しい気持ちを紛らわせるために、

様々な事を考え始めるんです。

『残り時間耐えぬけば、僕は成功できる!』

『練習をやり切ったら、お金持ちになれる!』

『ここさえ頑張りきれれば、あの人と付き合える!』

など…。

もっぱら、「頑張ったら欲望が達成できる」ということをエネルギーにして、頑張って耐え続ける…という妄想を駆使して、苦痛をやわらげようとします。

 

その他には、

『どうしてこんなに苦しいんだろう… おかしい、仏教では全ての苦しみは空のはず!

つまりこの苦しみも空! ここを耐え抜けば、僕は解脱できるんだ!』

 

……といった訳の分からないことを考えて、時間を少しでも短く感じるようにしたり。

10~15分の時間を何とか乗り切ります。

そしていよいよ最後の5分間へ!

 

16分~17分:ラスト3分の前に心を落ち着ける

ここまでくれば、長く苦しかった20分も、先が見えてきました。

あと5分ですが… 今にも力尽きそうな肉体が残り5分もつのか?

ギリギリの勝負どころです。

 

20分チャレンジの時は、ラスト3分は追い込むと決めているので…

16~17分の時間帯は、それに向けて心を落ち着けるようにします。(パワーはそのまま維持。)

 

最後の3分の事を考えると、めっちゃ緊張してくるんです。

……地獄のラスト3分になると分かっているから!

16分、17分。

ついにこの時がやってきました。

 

18分~20分:ラスト3分で全てを出しつくせ!

最後の3分に入ると、自転車のギアを一段上げて、重くします。

そう…最後は、より負荷をかけた状態で限界まで追い込むんです!

 

最後の3分になるまでは、自転車以外のことを考えたりして、何とか時間を稼ごうとしますが…

ラスト3分だけは、心の中で秒を数えるんです。

1秒…2秒…3秒…

 

なんていうか…苦しみから逃げずに、正面から向き合う時間というのでしょうか。

1秒1秒刻むように向きあいます。

 

心拍は170を超えました。

心拍が170を超えると、限界はすぐそこまで来ています。

 

60秒数え終わると、また0秒に戻って数えなおします。残り2分。

脚が焼け付くような感覚と、心臓が爆発しそうな感覚にもだえ苦しみながら、ペダルを踏み続けます。

 

そして残り1分、ここでさらにもう1段ギアを上げ、最後の追い込みに入ります!

ゴールは目の前。この1分で全てを出し切れるかが勝負!

ラスト1分はパワーも大幅にあげ、まさに最後の一滴まで絞り出します。

残り30秒…20秒…10秒!

 

なんという苦痛だ。

しかし、時計が最後の20分を指すと同時にサイクルコンピューターを止め、

ギアを軽くし、全身の力を一気にゆるめます。

 

この瞬間が……!

20分間ペダルを踏みきった達成感と、苦しみから解き放たれた安堵感に包まれる。

なんともいえない瞬間です。

やっと……悟空がきてくれた……!!

 

何度もやめようと思った瞬間を乗り越え、最後まで20分チャレンジをやりきる事が出来ました。

『僕だって、やれば必ずできる』という、自信みたいな気持ちも湧いてきます。

 

あきらめず、やって良かった。今回のトレーニングは成功!

運動後には幸せホルモンが出ると言いますが、まさにその通り。

心拍も落ち着き、息も整ってくると、幸せな感覚で満たされました。

苦しいのに、楽しい。自転車の不思議な魅力です。

 

練習がいつも上手くいくとは限らない!?

今回は、我慢に我慢を重ねて、やりきる事が出来ましたが…

いつもこんな風に上手くいくワケではないんです。

 

時には精神的に弱さが出て、力をゆるめてしまったり、

思うようにいかなくてイライラしたり、落ち込んでしまったりもあるんです。

 

自転車を始めて5年半。たくさん練習をしてきましたが…

最後まで納得のいく追い込みをかけれたのは、実はあまり多くないんです。

それが練習の難しい所でもあり、また楽しい所です。

 

何があっても必ず戻ってくる場所…ロードバイク

時には練習したくなくてサボることもあるし、しんどくて自転車自体をやめようかな…と思う瞬間もあるのですが…

どんなに苦しくても、最後に必ず戻ってくる場所。

それが僕にとって、ロードバイクですね。

 

上手くいく事・いかない事を含めて、きっとロードバイクが楽しいんだと思います。

 

きっと、今後もなんだかんだありながらも、ずっとロードバイクを乗っていくと思います。

60歳になっても、70歳になっても、80歳になっても。

 

引きこもって、これまで何もなかった僕ですが、

ロードバイクに出会えた事に、本当に感謝。

ですが、こんな苦しい練習は…

やっぱりやりたくない!!

 

(……と言いつつ、やってしまいます)

 

ひきこもりの人にも超オススメの自転車

引きこもってる人は、あまり体を動かさず運動不足の人が多いかと思いますが…

引きこもり脱出のために運動する事は、個人的にかなりオススメ。

 

中でも自転車は、イチオシです。

体に負担が少ないから、ひきこもりの人でも無理なく始めれるし、

外に出て自転車に乗って風を感じることそのものが、引きこもり脱出のきっかけになります。

 

引きこもり脱出のきっかけになるだけでなく、体力もつきます。

 

今回ご紹介したみたいな、キツい練習はいりません。

それにロードバイクでなくても、普通のママチャリでゆっくりサイクリングなんかも、ものすごく効果がありますよ。

 

引きこもり脱出のきっかけをつかみたい、外で活動するための体力をつけたい人は、

ぜひ自転車をしてみるのはいかがでしょうか!

 

あとがき

2019年度の自転車レースシーズンも、まもなく終わりを迎えます。

先日、ロードバイクの世界一を決める大会・「ロード世界選手権2019」がありました。

 

舞台は、イギリス・ヨークシャー。

大雨の悪天候の中、選手が次々リタイアするサバイバルレースになりましたが…

23歳の選手が優勝、大金星をあげました。すごい!

 

自分でも自転車をやっているだけあって、自転車競技を見るのもすごく好きです。

モチベーションも上がりますね!

 

ただ、僕の見るポイントは…

「この人たちはここまで速くなるのに、一体どれだけ厳しい練習をしたんだろう!?」

という所です。

きっと、今回僕が紹介した練習の何倍もキツイ練習を、ずーっと積み重ねてきてるんじゃないかな、と思うんです。

すごい…というより、恐ろしい!!

太陽