一人暮らし

キッチン下のスペースを有効に使える、伸縮ラックがすごく便利

太陽です。

一人暮らしを始めてから購入した、【買って良かったもの】の紹介シリーズ記事。

今回は、キッチンの下の空間に設置する収納ラックのご紹介です。

このアイテムのおかげで、より使いやすいキッチンにすることが出来るんです。

収納スペースとして使えるキッチン下の空間

一人暮らしでは、ワンルームや1Kのお部屋を選択する人がほとんどですよね。

ですが、ワンルームや1Kではキッチン自体がそれほど大きくないんです。必然的に、キッチン回りの収納スペースも限られてくるんですね。

そんな時に収納として使えるのが、キッチンの下の空間です。ちょうど台所の流しの排水管がある、あのスペース。

ここに、プライパンや鍋などの調理器具を置いたり、よく使う調味料を置いたりできるんです。

お部屋探しのキッチンの詳しい解説はこちらをどうぞ↓↓

一人暮らしの自炊派必見!【お部屋見学】キッチン3つのチェック点太陽です。 生活していく上で、【食】は基本中の基本ですよね。 一人暮らしを開始しても、食事はしっかりとらなければいけません。...

収納ラックを置かない状態

僕は毎日自炊をするので、キッチンの下の空間にもけっこう物を置いています↓↓

ですが、一つ悩みがありました。それが、空間を有効に使い切れていない事だったんです。

キッチン下の空間には棚などが無いため、直接床に物を置く感じになるのですが…それだとどうしても、空間の上部のスペースが無駄になってしまう。

かねてより、無駄にしてるスペースがもったいないなと思っていました。ここを有効活用できれば、もっと物が置けるのに。

また床に直接置くと、物を重ねる事になるので、使いたいものをサッと取り出せなかったりするんです。

毎日自炊すると、ちょっとの不便がけっこう悩みだったりするんですね。

そこで見つけたのが、【kinlight シンク下収縮棚】です。キッチンの下のスペースを有効活用できるアイテムという訳です。

台所下ラック

「台所」「収納」調べてみると、色々アイテムが出てきました。きっと、僕と同じような悩みを抱えた人のアイデアから生まれた商品なんでしょうね。

その中からAmazonで買ってみました。

中身はこんな感じ。各種パーツが入っています。

組立は簡単で、5分もあれば完成しました。

収納ラックの特徴

この収納ラックの一番の特徴は、ラックの左右の長さを自由に変えられる事。

なので、また、ラックの「棚」にあたるパーツも分解できるので、自由に組み合わせる事ができるんです。

これによって、キッチンスペースの幅に合わせて柔軟に設置できるんですね。

色んな設置方法がある

それでは早速設置してみます。まずは、物を移動させて↓↓

空間の大きさと、配水管の位置を考慮に入れながら、設置方法を考えてみます。

最初はこんな風にしてみました↓↓

ですがここで問題発生!配水管が邪魔で、フライパンが入らない事に気づきました…↓↓

という事で、練り直し。どうすればプライパンも収納しつつ、最も効率よく設置できるだろうか?…と考えて編み出したのが、この置き方です↓↓

これだとフライパンも入りますし、左側にカゴも置けます。棚パーツもうまい具合に入りました。

調理器具、調味料、小物、食材なども綺麗に置くことが出来ました。完成です!↓↓

上部の空間が、有効に活用できているのが分かると思います。

まとめ:空間を有効活用して、作業効率もUP!

このようにkinlight シンク下収縮棚は、そのスペースに合う最適な置き方を出来る非常に優秀なアイテムです!

おかげで、悩みが解消しました。

ちょっとした工夫や、アイテムを使う事により、格段に収納効率もアップします。同時に、作業効率もアップ!

キッチン回りの収納を改善したいなと思っている方は、ぜひ使ってみて下さい。ものすごく使いやすくなりますよ。

【この記事の3つのまとめ】

①キッチンの下のスペースを有効活用できる収納ラックがある

②幅や棚のパーツを自由に変えられるので、スペースの形に合わせて設置できる

③ちょっとした工夫で、使いやすさが格段に向上する

太陽