一人暮らし・お部屋探し

ワンルームと1Kの違いはココ。絶対に気をつけたい注意点を発見!

太陽です。

今回は、一人暮らしのお部屋探し情報「ワンルーム」と「1K」の違いについて。

一見同じような間取りですが、詳しい違いを知らない人も多いのではないでしょうか?

 

僕も最初は「同じような間取りなんじゃないか?」と思っていたのですが、実際にお部屋探しをするに当たりワンルームと1Kの違いを調べてみると、かなり色々な違いがあることが分かったんです。

ワンルームと1Kの違いや注意点を記事にしますので、ぜひ一人暮らしのお部屋探しの参考にして頂ければ、と思います。

 

一人暮らしの代表的間取り、ワンルームと1K

一人暮らしというと、それほど大きな部屋は必要ないですよね。

個人によって荷物の多い少ないはあるものの、必要な家具と電化製品に収納、個人の趣味のものくらいだと思います。

1人で住むのですからメイン部屋は1つで十分ですし、たくさんの部屋は必要ないですよね。

そこで、一人暮らしの間取りというと、おのずとワンルームか1Kになってきます。

 

中には、一戸建て賃貸やたくさん部屋のある物件を選ぶ方もいるかもしれませんが、ほとんどの方はワンルームor1Kという選択になるのではないでしょうか。

このように、ワンルームと1Kは、一人暮らしにおける代表的な間取りです。

次は、ワンルームと1Kの特徴や違いについて見てみましょう。

 

ワンルームと1Kの決定的な違いはここ!

まずは、それぞれのお部屋の特徴から。

ワンルームの特徴

1Rと表記される事もあります。

キッチンスペースが含まれた、1部屋だけの間取りのお部屋です。

居室とキッチンの間に仕切りがなく、同じ空間にあるというのが一番の特徴。

例えば、こんな感じの間取り↓↓


キッチンと洋室(7.9帖)が同じ空間内にあるのが分かるでしょうか。

 

1Kの特徴

ワンケーと読みます。

1Kとは、1部屋(メイン部屋)+Kitchen(キッチン)のこと。

お部屋とキッチンがあるのはワンルームと同じ。

ですがワンルームとの違いは、お部屋とキッチンが仕切られて別の空間になっている事です。

例えば、こんな感じの間取り↓↓

先ほどのワンルームと違い、お部屋(6.5帖)とキッチンの間にしっかりと仕切りがあるのが分かります。

お部屋とキッチンが同じ空間内にあればワンルーム。

お部屋とキッチンが仕切られていれば1K。

ここが、ワンルームと1Kの決定的な違いです。

 

ちなみに、キッチンとお部屋をカーテンのようなもので仕切っていても、1Kとは認められずワンルーム扱いになります。1Kはあくまで、ドアできっちり仕切られている間取りです。

一見、あまり大きな違いではないような気がしますよね。

ですが、お部屋とキッチンの間の仕切りの有無で、メリット・デメリットがハッキリ分かれてくるんです。

次は、それぞれのメリット・デメリットについて見ていきたいと思います。

 

ワンルームのメリット

1.家賃が安い

ワンルームのメリットは、まずなんと言っても家賃が安いことです。

僕も実際に部屋探しをして、ワンルーム・1Kどちらもかなりの物件を調べてみましたが、

明らかにワンルームのほうが安いです。

同じような広さと設備でも、5000円ほど安くなってる所もありました。

 

2.空間を広く使える

ワンルームは仕切り、つまり壁がないため空間が広く感じますし、広く使う事が出来ます。

そのため、大き目の家具を配置しても圧迫感が出にくいですし、色々レイアウトを楽しむ事も出来ます。

家具を少なめにして開放的な空間を楽しむ事も出来ます。

 

ワンルームのデメリット

1.料理をするとニオイがこもりやすい

部屋とキッチンが同じ空間にあるため、キッチンで料理をするとどうしてもニオイがこもります。

料理が好きな人には向かないかもしれません。

 

2.冷蔵庫の音や熱が気になりやすい

一人暮らしをすると、冷蔵庫は必ず置く事になると思いますが・・・冷蔵庫の稼動音ってけっこううるさいんです。

なので、物音に敏感な人は気になるかもしれません。

また冷蔵庫は稼動させると排熱が出るため、夏場は余計暑くなるかも。

 

3.エアコンの効きが悪くなる

ワンルームは部屋とキッチンだけでなく、空間が玄関までつながっています。

広い空間をカバーする必要があるため、エアコンの効きが悪くなる事が考えられます。

余分なエネルギーを使うので電気代も少し高くなるかも?

 

4.玄関を開けると、部屋の中まで見えてしまう

玄関から部屋まで空間がつながってるという事は、玄関を開けると外から部屋まで見えてしまう可能性があります。

宅急便の受け取りに出た時なんか、配達の人に部屋が見えてしまったりするかも。見られたくないものがあったりすると嫌ですよね。

(これは、つっかえ棒などで簡易のカーテンを作ると、防げるデメリットかもしれません)

 

5.お手洗いの時に気になる

部屋からお手洗いまで、仕切りがお手洗いのドア1つしかありません。

例えば友達が遊びに来た時のお手洗いは、音や気配が気になるかもしれません。

 

1Kのメリット

1Kは部屋が仕切られて独立しているので、ワンルームでのデメリットが打ち消されてメリットになります。

1.料理をしても部屋にニオイがこもらない

キッチンと部屋が独立してるので、料理をしてもお部屋に食べ物のニオイが行きません。

 

2.冷蔵庫の音や熱が気になりにくい

冷蔵庫をキッチンスペースに置けるので、音や排熱が気になりません。

音って、ドアひとつ隔てるだけで、大きく軽減されるんです。

なので、物音に敏感な人は1Kがオススメかも。

 

3.エアコンの効きがよくなる

エアコンの範囲をお部屋のみにできるので、ワンルームよりエアコンの効きがよくなります。

冷蔵庫の排熱も入ってこないので、夏は多少暑さも軽減できそう。

 

4.玄関を開けても部屋が見えない

1Kは玄関から部屋までに必ず仕切りがあるので、玄関を開けても外から部屋を見られることはありません。

 

5.お手洗いの時も気にならない

1Kの場合、部屋からお手洗いに行くまでに仕切りが2つあることになります。

なので、音や気配もかなり軽減されます。

 

1Kのデメリット

1.家賃が高くなる

1Kの最大のデメリットは、ワンルームに比べて家賃が高くなること。これは避けられませんね。

 

2.空間が狭く感じやすい

ワンルームと違って、部屋がキッチリと仕切られてるので、空間の開放感は下がりそう。

大き目の家具を置いたりすると圧迫感や狭さを感じる可能性があります。

同じ専有面積でも、ワンルームと1Kでは、ワンルームのほうが広く感じると思います。

 

ワンルームor1K。それぞれこんな人にオススメ!

ワンルームがオススメな人

・とにかく家賃を安くしたい

・開放的な空間を楽しみたい

・大き目の家具を置いたりして、レイアウトにこりたい

・あまり料理をしない

1Kがオススメな人

・キッチンと部屋のスペースをしっかり分けたい

・自炊メインの人

・部屋の物音は小さくしたい

・エアコンをよく使う

必ずチェックしたい、圧倒的な注意点

それぞれ、ワンルームと1Kのメリットデメリットを見てきたのですが・・・僕自身も物件を調べていく中で、絶対に気をつけたい点を発見しました。

ワンルームの圧倒的注意点

下の間取りを見てください。典型的なワンルームの間取りです。

洋室7帖と書いてありますよね。

この洋室7帖というのが、どこの範囲をさすと思いますか?

この書き方だと、

図の青枠の部分が7帖あると思ってしまいませんか?

 

僕も最初はそう思っていました。でも違うんです!正しくは・・・↓↓

赤枠の部分で7帖なんです。

なので、実際に内覧に行くと『思ってたより狭い??』なんて事になるかもしれません。

 

1Kの場合も見てみましょう。下の1K間取りを見てください↓↓洋室6.5帖です。

1Kの場合は、赤枠の部分できちんと6.5帖あります。

このように、ワンルームの場合は部屋の広さの範囲を間違えないようにして下さい!

 

1Kの圧倒的注意点

かなり優秀な間取りの1Kですが、気をつけなければならない部分があるんです。

それは、冷蔵庫の置き場所です。

先ほど1Kのメリットで、「冷蔵庫を部屋の外に置けるので音や排熱が気にならない」と書きました。

ですが1Kでも間取りによっては、冷蔵庫を部屋の中に置かなければならない物件もあるんです。

 

下の間取りを見てください↓↓

れっきとした1K物件ですが・・・

よく見ると、キッチンのK部分がだいぶ狭いのが分かるでしょうか?

これだとキッチンに冷蔵庫を置けず、部屋の中に置くしかありません。

そうなると、1Kのメリットが少し失われてしまう事になります。

 

実は、僕の入居する物件・・・かなりの好条件なのですが、冷蔵庫をキッチンに置けないタイプなんです。

エリッツのお店の人に聞いたんですが、「残念ながら冷蔵庫は部屋のスペースに置いて下さい」ということでした。

キッチンに冷蔵庫を置ければ、お部屋内部の条件はパーフェクトだったのですが!

残念でしたが、ここは妥協しました。

 

それを差し引いても『ここに住みたい!』と思いましたし、エリッツのスタッフさんも「冷蔵庫は残念ですが本当に良い物件ですよ」ということなので仕方ないですね!

これから物件を探そうと思ってる人は、冷蔵庫の置き場所は必ず確認するようにして下さい。

お店の人に聞いても答えてくれますし、見学に行ったときもチェックして下さいね。

以上、ワンルームと1Kの違い、メリットデメリット、注意点でした。

 

この記事のまとめ

・一人暮らしの代表的な間取りは、ワンルームか1K

・それぞれメリットデメリットがあるので、自分の好みに合わせて選ぶ

・ワンルーム・1Kそれぞれ注意点があるので気をつける

 

あとがき

ラグビーワールドカップ2019のおかげで、最近すっかりラグビーが好きになった僕。

引きこもり支援団体でラグビーをやっていたメンバーさんに色々教えてもらう機会もあって、楽しいです。

この間は、フォワードの「スクラムの組み方」について教えてもらいました。

スクラムを組むのも、きちんとしたやり方があるそうです。

そのメンバーさんも実際にスクラムを組んでいたそうで、やっぱり実際にやっていた人の話は面白くて全然違う!と思いました。

太陽