就職活動

仕事への「恐怖」が吹っ飛んだ!中小企業の社長さんとの交流で僕が得た事

太陽です。

 

先日9回目のサポステに行った時のこと。

相談員「中小企業の社長さんが集まってくれて、仕事に関する色んなお話を聞ける…

そんな交流会があるけれど、太陽さんいかがですか?」

…と、サポステ相談員さんに教えてもらいました。

すごく興味があったので、その場で参加を決めました。

 

その社長さんが集まる交流会に行ってきたんです!

 

色んな業種の社長さんとたくさん話をしてきたのですが…

すごく学びも多く、働く事のイメージをしっかりつかむ事ができました。

 

『僕もがんばって働いてみたい!』と思えたんです。

参加して本当に良かった。

実際に参加して気づいた事・学んだ事をぜひシェアしたいと思いました。

 

社長さんとの交流会って、具体的にどんなもの?

今回の交流会、具体的にはどんなものか??

詳しくご紹介します。

交流会の内容

・中小企業の社長さんが10人ほど集まる。

・会社の詳しい仕事のお話しが聞ける

・社長さんが仕事に就いた経緯や、仕事に対する考え方を聞ける

・社長さんと直接お話し、交流を深める事ができる

 

というものです。

それにしても全員が社長さんとは、かなりゴージャス!

こんな集まりに参加できるって、なかなか無いのでは!?

 

交流会の目的

交流会の目的としては、

・「はたらく」とはどういうことかを、ともに考える

・具体的に、「仕事」をするイメージを持つきっかけを作る

・働く事をイメージし、就職につなげていく

といったものです。

 

参加対象はどんな人?

参加対象となる人は

【就労に意欲があるが、まだ一歩を踏み出せていない人】です。

就労経験も少ないし自信もない…だけど、はたらきたい!と思ってる。

そのために何か行動をしようと思ってる人です!

 

まさに僕もそんな感じですね。

 

参加費

参加費は無料です。とてもありがたい。

会場までの交通費などは自己負担です。

 

今回、僕が参加を決めた理由

現在、サポステに通いながら就職活動をしている所ですが、

「働いた経験が少ない」というのは自分の中で劣等感みたいなものになってます。

(引きこもり支援団体で仕事してますが、一般社会の労働とはだいぶ違う)

 

働くことに、怖さみたいなものをどうしても感じてしまうんですね。

引きこもりを経験した人って、就労経験の少なさがネックになって、どうしても一歩を踏み出せない…そんな人、かなり多いと思います。

 

交流会に参加する事で、仕事への怖い気持ちをやわらげ

少しでも働く事のイメージを作れればと思いました。

 

それに今は、いろんな人と話したい!という気持ちが強いです。

社長さんなんて、普段は話したくてもなかなか話せない立場の人です。

必ず何か得るものがあるはず!と思いました。

 

会場に到着してから、交流会開始まで

遅刻してはいけない!と思い、かなり余裕を持って家を出ました。

 

開始25分ほど前に会場に到着すると、スタッフや社長さんと思われる方が

まだミーティングをしてる最中。 早く来すぎたか!?少し焦りました。

 

でも、いつも行ってるサポステの顔見知りのスタッフさんがいて、

僕を見て声をかけてくれました。

初めての場所で初めての人だらけの所で、知ってる人がいると安心できます。

 

受付で名前を伝え、資料やテキストなどをもらい、椅子に座りました。

どこに座るかは自由だったのですが、なるべくしっかり話を聞きたい!と思い前のほうに座りました。

 

しばらくすると、ちらほら他の参加者の方も来られました。

僕を含め、全員で10人ちょっと。

 

本日参加される社長さんは8人。

参加者10人に社長さん8人って、社長さん密度高すぎでは!?

やはりゴージャスな交流会だ!

 

最初に3人の社長さんの詳しいお話を聞いてから、それぞれのテーブルに分かれてフリートーク&グループ交流の予定です。

 

交流会スタート!3人の社長さんの詳しいお話を聞く

時間になり、交流会スタートです。

最初に主催者の挨拶、次に8人の社長さん全員がそれぞれ簡単な自己紹介。

そしていよいよ、その中から3人の社長さんの詳しいお話です。

 

・自分が今の仕事を始めた経緯は?

・どんな会社なのか?

・はたらく上で大切にしてる事は?

3人とも、とてもとても貴重なお話でした。

 

1人目:木工所の社長さん

一人目は、「木工所」を営んでる社長さんのお話。

ドアやふすまなどの建具、木製の家具、木の器やコップなどをメインに作っている会社ということです。

 

この社長さんは、大学を卒業後は別の仕事をしていたけど、

30代前半の時に家業をついで木工の道に入ったそうです。

 

企業の理念として、「使う人の幸せ」「お客さんの幸せ」「社員の幸せ「社会の幸せ」

など、周りの人や社会全体の幸せを考えながら日々働いている、ということ。

 

で、仕事に対するホンネも聞く事が出来たのですが…

木を削って商品を作る仕事はやりがいはある。

だけど、やりたくてやってるわけではない!とキッパリおっしゃってました!

えっ、そうなんや!? めっちゃ意外で驚きました。

 

社長さんというと何となく、「好きで」その道に入ったのかなあ~という思い込みがあったのですが、色んな事情があるみたいですね。

 

そして…ここからはかなり深く心に残りました

「つらい事や逃げ出したい事も、たくさんある」とのお話です。

 

「納期の関係で1日中仕事をすることもあるし、それでも間に合わず

怒られるとわかってて謝りに行くこともある。

一緒に頑張って働いた社員が辞めていく時のつらさ。

だけど、逃げたらあかん。日々同じ事を繰り返し繰り返し、頑張っていく。

目標を持つ事が、とても大切ですよ。」……と。

 

なんかもう、一人目の社長さんから、心に刺さりまくりの話です。

 

特に僕は、これまで辛い事があったら逃げてばかりでしたし、

辛い事を他人のせいにしてばかりでしたし。

 

多少辛い事があっても、逃げずにがんばらなアカンぞ太陽…。

 

2人目:デザイナーの社長さん

2人目は、グラフィックデザイン、ホームページのウェブデザイン、キャラクターデザインなどをされているデザイナーの社長さん!

 

デザイナーというと、とても華やかなイメージですが…

幼少の頃からかなり苦労したお話をして頂いたんです。

 

父親の会社が倒産し、子どのもの頃からずっと家業を手伝っていたこと

母親も子どもの時に亡くされていること

そんな中、高校の時にデザイナーになりたいと思い、専門学校で勉強された事など。

 

本当に色んな事情があるんやな…。

 

勝手なイメージを作ってたんですが、社長さんっていうと、順風満帆な人生を送ってきた人ばっかじゃないのかと思ってた。けれど大間違い。

 

この社長さんのお話で印象に残ったのが、

「楽しいこと」「笑顔が大切」というお話です。

 

「デザインを作り出す時、「生みの苦しみ」はあるけど、楽しさと笑顔がないと良いものは作れない。

逃げたい事もいっぱいあるけど、そこをクリアしてデザインを生み出すことに喜びを感じる。

その結果、お客さんのイメージをバッチリ形にできると…

それはもう嬉しい瞬間で、苦しみが吹き飛びます!

 

全ての経験に無駄なものってなく、人生に必ず生きてくるもの。

なので今感じることを大切にして下さい。」

 

なるほど…。こんなナマのお話って、伝わってくるものが違う。

なんていうか、生命力にあふれたお話です。

仕事だけでなく、人生について教えてもらってるような感覚。

 

3人目:内装工事の社長さん

3人目は、家の内装…壁にクロスを貼ったり、床にカーペットを貼るなど、内装・仕上げをする、内装工事の会社の社長さんです。

 

社員は10人ほどで、外国の方や障害のある方も働いているそうです。

 

この社長さんも、ものすごく苦労をされたそう。

数年前に先代だった父親が亡くなり、急きょ後をついで。

全然興味は無かったけれど、後を継いだからには一生懸命やりたい。

創業100年を目指して頑張っている。

 

この社長さんのお話で驚いたのが…

3人のお子さんが、なんといずれも引きこもりを経験されたということでした。

僕自身もガッツリ引きこもってたので、当時を思い出しながら話を聞いてました…。

子どもに寄り添いながら、日々の仕事も頑張ってきましたとのお話でした。

 

この社長さんは、会社での仕事の様子を、動画にして見せてくれました。

職人さんが壁に、ピカピカの壁紙をすごいスピードで貼っていきます。

その姿がとてもカッコいい!!

 

その動画を見て、

『この仕事面白そうかも!?やってみたい!!』って思えたんですね。

黙々と作業をこなしていくのは得意だし好きな方ですし。

 

建設業の仕事って、めちゃめちゃトラウマの体験があるのですが…

(建設業トラウマ体験記はこちらをどうぞ↓↓)

引きこもりの就職で大失敗①大工の面接に応募、これが地獄の始まり太陽です。 お盆の期間中ですが、いかがお過ごしでしょうか?僕の住んでる関西地方は、ただひたすら暑い日が続いております。 毎年...

 

この内装の仕上げも建設業かもしれないけど、ここの会社でもし職場体験の受け入れがあるなら、ぜひ行ってみたい!

 

3人の社長さんのお話を聞いて、仕事をしたいと思えた

以上が、3人の社長さんのお話。

 

どの社長さんのお話も面白かったし、それぞれの会社や仕事内容も、「こんなのがあるんだ!」と好奇心・興味を持つことができました!

 

そして何よりも思ったのが…

「どの社長さんも、苦労しながら日々をがんばって生きているんだな」

ということです。

 

辛い事もある中、目標を持って仕事をして、毎日を一生懸命生活されてるんだな…って。

そんな社長さんの姿を見て、仕事をするってどういうことなのか、深く考えさせられました。

 

それともう1つ、どの社長さんも自分の会社の社員をとても大切にされてる、ということ。

 

もし会社が倒産したら…? 社員はもちろん、その家族まで路頭に迷うかもしれない。

そうならないためにも社長として頑張ります、とのこと。

 

また、社員が成長していく姿を見るのが、社長としての何よりの喜び。

社員の幸せも大切に考える姿がとても心に残りました。

 

こんな社長さんのもとで、僕も仕事をしてみたいなと思えた。

次回は、お話をしてくれた3人の社長さんを含め、社長さんとのフリートーク&グループ交流会について書きます。

(続きのフリートークは、こちらをどうぞ↓↓)

社長さんだって落ち込む!サポステの交流会で【働く】事とは何かを知った太陽です。 社長さんとの交流会に参加したお話の続きです。 前回は、3人の社長さんの詳しいお話… 「仕事内容」「...

こちらも、ものすごい学びがたくさんありました!

色んな所に足を運ぶと、色んな人との出会いがあり、

色んな経験が積めます。

経験値を積む事で、成長に繋がるに違いない!

太陽