一人暮らし

comfee’オーブントースター6か月使用してみた。日本一詳しいレビュー完全版

太陽です。

2020年5月に購入した、comfeeのオーブントースター。使い始めて、はや半年以上になります。

この記事と前回の記事をあわせて読んで頂ければ、comfeeオーブントースターについては間違いなく日本一詳しいレビューの自信があります。

購入時に執筆した、前回の基本レビューはこちらをどうぞ↓↓

comfee'オーブントースターを日本一詳しくレビューしてみた。太陽です 引っ越して一人暮らしを始め半年が経ち、時間の流れの早さを感じます。 この半年で、電化製品やパソコン、収納ラックなど...

ほぼ毎日使用しているので、もうかれこれ200回は使用したことになりますね。

半年間にわたって使用した結果、この商品について様々なデータを得る事ができたため、さらに詳しいレビューをお届けしていきたいと思います。

まず結論から書くと、comfeeオーブントースターはものすごく良いです。オススメです。

実際に使ってみたからこそ分かります。それと同時に、いくつか気を付けるべき点もあります。

ピザなどもいい感じで焼ける

オーブントースターの使用用途というと、ほとんどが食パンを焼く事だと思いますが、comfeeは他の料理も美味しく焼くことが出来ました。

ピザを焼いてみましたが、とても良い焼き上がりです。

食パンにチーズを乗せて、マヨネーズをかけて焼き、チーズトーストなんかも作ってみました。

チーズが熱々に溶けて、ものすごく美味しいです!(カロリーは高め…)

その他にもグラタンやクッキーも焼いてみましたが、いずれも美味しく出来ましたよ。カントリーマームなんかを温めて食べるのが好きな人は、comfeeで軽く焼けばOKです。

温度調整機能は使える

comfeeは80℃~230℃の間で温度調整できるのですが、この機能がけっこう使えます。

例えば、「外はカリカリ・中はしっとり」のトーストが好きな人は、230℃で2分ほど焼けばその通りに焼き上がります。

逆に、「外も中もカリカリの固いトースト」が好きな人は、190℃で3分間ほどじっくり焼けばOKです。水分がしっかり抜けて、まるでラスクみたいな固さに焼き上げる事ができるんです。

自分の好みやその時の気分で、手軽に焼き上がりを調整できるのが嬉しいですね。ちなみに僕は、かなりカリカリに焼くのが好きなので、200℃3分に設定しています。

また、設定温度を超えると自動的に火が消えて、温度が下がると自動的に火が付くので、長時間の使用でも安心。

油断すると、焦がしてしまう事があった

ただ、油断するとトーストを焦がしてしまう事も何度かありました。カリカリにしようとし過ぎて、調子に乗って230℃で3分以上焼いたら、焼き過ぎてしまったんですね。

ですがこれは、時間調整さえしっかり行えば避けられる事なので、全く問題なしです。

よくトースターのレビューで、「火力が強すぎて焦げる…」というマイナスのレビューをしている人がいますが、これは全く参考にしなくてもいいと思います。

なぜかというと、食パンの焼けていく過程って順序がありますよね。

生 → 少し焼けてきた → ちょうどいい焼き上がり →

かなりしっかり焼ける → 焼きすぎ → 焦げて真っ黒

という順番になります。

生の状態から、いきなり真っ黒こげ…なんていうのは絶対ありませんよね?その前に必ず、「ちょうどいい焼き上がり状態」が存在するはず。

つまり、火力が強すぎて焦げるのは、時間や温度を調整すればいいだけで、火力が強すぎるというレビューは見当違いという訳です。

時間設定のツマミは、慣れが必要

さて、その時間設定のツマミですが、これはやや慣れる必要があります。

時間を長くする(右回し)は柔らかいのですが、時間を短くする(左回し)はそこそこ固いです。

そして、時間の目盛りはアナログなので、大まかにしか合わせられません。

例えば2分20秒焼きたい時は、2分と3分の間の、だいたい3分の1のあたり…という調整方法になりますよね。なので、時間を秒単位で微調整するのは、最初はやや苦労するかもしれません。

慣れてしまえば、サッと合わせられるようになるので大丈夫です!

夏場と冬場で、焼き上がり時間が変わる

真夏の暑い時も、冬にさしかかった寒い時も使いましたが、夏と冬では焼き上がり時間が微妙に変わります。

同じ焼き上がりにしたい場合、夏は少し早めに、冬は夏よりも時間がかかります。だいたい20秒~30秒ほどは違ってくる印象ですね。

なので、冬場と同じ時間設定のまま真夏に使用した場合、焼き上がりが強くなったりするので注意が必要です。

この辺りは、毎日使っていると体感的に分かってくるので、それほど問題ではないと思います。

耐久性・安定性も問題無し

耐久性は全く問題なしです。丁寧普通に使えば、5年は余裕で使えると思います。

食パンの焼き上がり状態も毎回均一なので、品質的にも安定しています。

その他、気になる点

以下は少し気になる点です。

1:付属の金属皿はあまり使えない

comfeeにはピザやクッキーを焼くための金属の皿が付属しますが、これが使えないです。

一番大きな理由は、「熱で曲がるから」です。下の写真を見て下さい↓↓

金属皿にピザを乗せて焼いているのですが、右端が大きく上がっているのが分かると思います。

熱で変形してる様ですね。これはちょっと頂けなかった…。

持ち上がった分、上部の電熱線に近くなってしまうため、焼き上がりにムラができてしまうかも。

ちなみに、冷めたら元の平面形に戻りました。このお皿を使うくらいなら、アルミホイルをお皿状にして使った方が良いですね。

2:焼き網の幅が広い

焼き網の幅がやや広め(幅2.2cm)なので、小さなクッキーなど幅が狭いものを焼く時は、焼き網に乗らない・乗っても安定しない可能性があるかもしれません。(下にアルミホイルを敷くことで対処はできます)

食パンをはじめとしたパンは普通に乗りますし、ほとんどの食材は大丈夫ですが、網の形状は好みもあるかもしれませんね。

3:焼き網は取り外せない

購入直後のレビューにも書いたのですが、焼き網を取り外せないので、外して洗いたい人には不向きといえるでしょう。

あまり汚れることはありませんし、汚れてもサッと拭き取れば大丈夫ですが、気になる人もいるかもしれませんね。

僕自身は、全く気になりませんでした。

まとめ:comfeeオーブントースターはかなりオススメ

以上が、半年間ほぼ毎日実際に使用した、comfeeオーブントースターのレビューです。

この商品はかなりオススメできます。耐久性もありますし、焼き上がりも安定しています。

「食パンを焼く」という目的は、comfeeオーブントースター1台あれば十二分に達成できます。Amazonのセール期間中などを利用すれば、驚くほど安く購入する事も可能ですよ。

本当に買って良かったと思います!どうしてもっと早く買わなかったんだろう…!?

【この記事の3つのまとめ】

①食パン以外にも色々焼けるし、温度調整・時間調整は慣れれば大丈夫

②いくつか気になる点もあるものの、ほぼ問題なしと言える

③品質も安定しているので、自信をもってオススメできる商品

太陽