一人暮らし・お部屋探し

comfee’オーブントースターを日本一詳しくレビューしてみた。

太陽です。

引っ越して一人暮らしを始め半年が経ち、時間の流れの早さを感じます。

この半年で、電化製品やパソコン、収納ラックなど生活に必要なものを色々買いそろえました。

その中から僕が実際に使ったものをレビューしてみたいと思います。

初めて一人暮らしをされる方だけでなく、その商品やブランドに興味がある方の参考になれば幸いです。

1回目はcomfeeのオーブントースターです。

オーブントースター購入の経緯

僕はもともと、食パンをよく食べます。毎回必ず買うのが、業務用スーパーの食パン「朝の輝き」6枚切り。

税込み70円と非常にリーズナブルです。

ですが、消費期限があまり長くないのが難点でした。買った日の翌日が消費期限なんてことも。6枚を食べきるには少々短いです。

冬の間は気温が低いので何とかやりくりしていましたが、5月になり心配になってきました。

もしオーブントースターがあれば、パンを冷凍保存して、必要な時に焼いて食べれます。

なので今回、オーブントースターの購入を決めたという訳です。

Amazonでオーブントースターを探す

Amazonでオーブントースターを売っているようなので、色々調べてみました。

Panasonic、東芝、タイガーなど日本製のメーカー物から、1万円以上する高級なものまで色々あり悩みます。

僕の一番の目的は、シンプルにパンを焼いて食べる事なので、その機能だけあれば良いと考え2000~3000円代の安いモデルを探すことに。

そこで見つけたのがcomfee’でした。

コイズミとかアイリスオーヤマなど、他メーカーの廉価版もありましたが、ちょうど値段が安くなっていた事・レビューが悪くなさそうだったので、comfee’を買ってみる事にしました。

comfee’オーブントースターの外観

僕が今回購入したのは、comfee’の「CF-AD081」という一番廉価なモデルです。

comfee’は専用の段ボールに入っていて、それがさらにAmazon専用の段ボールで送られてくるので、段ボールが2重。ややゴミは多いです↓↓

開封すると、金属製のお皿が最初に出てきます↓↓

取り出してみました↓↓

本体内部にも説明書が入っています↓↓

ツマミは2つ。温度調整と時間設定のツマミです↓↓

説明書です↓↓

底面。パンくずトレーは簡単に取り出せます↓↓

背面↓↓

内部↓↓

金属性のお皿は、ピザの調理などに使用するみたいです↓↓

実際の大きさは、実測で縦20.5cm、横36㎝、奥行24㎝。 重量は2.8kg、電源コードの長さは1.1mでした。かなりコンパクトな外観です。

家電ラックに設置しました↓↓

早速パンを焼いてみたいと思います。

comfee’で実際に食パンを焼いてみる

食パン2枚は入りますが、スペースはギリギリと言ったところ。業務スーパーの食パンは問題はなさそうですが、もっと大きなパンだと2枚焼きできない可能性もあります↓↓

実際には1枚で焼いてみます↓↓

推奨されてるのは、食パン2枚で230℃・2~3分。とのこと。初めてなので、220℃で焼いてみます。

温度調節のツマミはクルクル回りますが、時間のツマミは少し固いです。

焼き始めると、すぐに内部のヒーターが真っ赤に↓↓

しばらくすると、すぐにパンが焼けてきました。火力が強いのか、けっこう短時間で焼けます↓↓

すごく綺麗に焼きあがりました。

表面↓↓

裏面↓↓

この状態に焼きあがるまで、220℃で2分15秒ほどでした。3分も焼くと焦げそうなので、時間設定は気を付ける必要がありそう。

レーズンクリームで食べる事にします↓↓

パンだけでなく、グラタン・お餅・ピザ・クッキーなどが焼けるみたいですね。

設置方法に関して

家電ラックの床面が格子状になっているため、オーブントースター底の4本脚ではなく底の面で支える感じで設置しました。4本の脚が飛び出てるのが分かると思います↓↓

パンを焼くと底面もけっこう熱くなりますが、この置き方でも全く問題なさそうです。

ラックにダメージがいく感じもありません。

ただ、壁や他のものからのスペースは確保した方が良さそう。。

comfee’オーブントースターの注意点

comfeeのオーブントースターでいくつか注意点に気づいたので、まとめてみました。

注意点1:中国メーカー製

Comfee’という名前は、アメリカ・ヨーロッパのブランドというイメージですが、実際は中国製です。

「美的集団」という中国の大手空調・家電メーカーですね。

販売元も、「日本美的株式会社」という、美的集団の日本支社です。

中華製というのがどうしても気になる方は、控えた方がいいかも。個人的には中国メーカー製でも全く大丈夫だと思います。

注意点2:わずかに反っている焼き網

パンを乗せる焼き網が、ほんのわずかですが、中央が上がる形で反っていました。

パンを乗せて焼く分には全く問題なく、大丈夫なレベルですが。

個体差があるかもしれませんね。

注意点3:取り外せない焼き網

パンを乗せる焼き網の取り外しができません。なので、汚れても掃除しにくいです。

お餅などを焼いて、うっかりこびりついてしまったら、掃除に苦労するかも。

焼き網を取り外したい人にはマイナスでしょうか。

注意点4:火力がけっこう強い

火力が強いので、油断するとパンを焦がしてしまう可能性があります。熱くなりすぎると、センサーが働いて自動でヒーターが切れるみたいですが。

何度か試しながら、ちょうどいい組み合わせを見つける必要がありそうですね。

最初のうちは、焼いてる最中は目を離さない方が良いかも。

注意点5:カラーは白のみ

カラー展開が白しかありません。他のカラーが欲しい方は、別の選択肢という事になりそうです。

まとめ:comfee’のオーブントースター、必要十分

しっかりパンが焼けますし、本来の目的を達成できて満足です。

昨日もシンプルで使いやすく、これならもっと早く買えばよかったと思いました。

今後どんどん使用してみて、気づいた事があれば追記していきたいと思います。

・comfee’のオーブントースターはシンプルにパンを焼くにはかなり良い

・中国メーカーの商品だけど全く問題なし

・焼き網が取り外せないのは注意

太陽