一人暮らし

ベッド下の大きな空間を有効活用して、収納力を大幅にアップさせよう

太陽です。

一人暮らしを始めて購入したもので、買って良かったアイテムをご紹介するシリーズ。

今回は、ベッドの下の空間を有効に使えるベッドフレームです。

これまでに、台所の下の空間を上手に活用できるラックや、小型家電をスッキリ収納できるレンジ台など、【収納】に関するアイテムを紹介してきました。

詳しくはこちらをどうぞ↓↓

キッチン下のスペースを有効に使える、伸縮ラックがすごく便利太陽です。 一人暮らしを始めてから購入した、【買って良かったもの】の紹介シリーズ記事。 今回は、キッチンの下の空間に設置する...
ベルメゾンのレンジ台レビュー。三種類の小型家電をスッキリ便利に収納太陽です。 一人暮らしを始めてから購入した商品から、買って良かったものを紹介するシリーズ。 今回は、小型電化製品を綺麗に収納...

今回ご紹介するベッドフレームも、一人暮らしにはかなり役に立つと感じたので、ぜひ記事にしてみようと思いました。

一人暮らし直後は、マットレスを直置き

引っ越し直後は、マットレスをフローリングに直接置いていました↓↓

ですが、マットレスってかなり大きく、スペースを取りますよね。

マットレスを床にでーんと置いてしまうと、その一角は何も置けなくなるので、勿体ないなって思っていたんです。

一人暮らしの場合は、ワンルームや1Kがほとんどなので、空間も限られていますし。床にはホコリもたまりやすいのも、気になっていた所。

ベッドスペースを、うまく収納として使えるアイテムはないか?と探してみました。

そこで見つけたのが、ベッドの下の空間を大きく取り、そこに押し入れケースなどを置けるタイプのベッドフレームだったんです。

ベッドフレームの組み立て、設置

色んな種類のベッドフレームがありましたが、僕が選んだのはパイプベッド・シングル・NEO】という商品です。金属製で、スタイリッシュなフレームです。

カーテンや冷蔵庫など、部屋の色彩をブラウンで統一したかったので、それに合わせてベッドフレームもブラウンにしました。

早速組み立てていきます。

必要な部品が全て揃っているかを確認します↓↓

特に、ネジやワッシャーなどの小物類は数が多いので注意が必要↓↓

説明書を観ながら、順番に組み立て。けっこう時間がかかります。ゆっくりやっていたら、2時間近くたっていました。ようやく完成です↓↓

この商品は、床下のスペースを「高さ40cm・45cm・50cm」の3段階から選べます。

最初は一番高い50cmにしましたが、あまりに高すぎると感じたので、一番低い40cmに落ち着きました。

購入して1年が経ちましたが、全く問題なく使えていますし、金属性のフレームがお洒落で気に入っています。

もちろん、ベッド下の収納もバッチリです!

押し入れケースも同時に購入

このベッドフレームに合わせて、ベッド下に置くための衣類ケースも購入。これも色々な商品がありましたが、ニトリのケースにしました。

(奥行74cm・幅39cm・高さ18cm)×4

(奥行74cm・幅44cm・高さ30cm)×2  

合計6つのケースを買い、ベッド下の空間に並べます↓↓

かなりスッキリとした感じで置くことが出来ました。

ニトリのケースは普通に使いやすく、値段もお手頃。サイズ展開も豊富で、衣類ケースとしてオススメできます。

ベッドフレームは、他にも多種多様な商品がある

実は購入する時、他にもかなり色々な商品があり迷ったんです。

温もりのある木で出来たベッドフレームも良い感じでした↓↓

すのこベッド・シングル・FLOOR

最初から引き出しが付いているタイプもあります↓↓

木製・引き出し付きベッドフレーム・フィッツ

【ベッドフレーム・収納・ベッド下】などで検索すれば、色々なタイプの商品が出てくるので、気になる人は検索してみて下さい。

きっと気に入ったものが見つかるはずですよ。

収納タイプのベッドフレームの注意点

ベッドフレームにも、いくつか注意点があるので書いておきます。

注意点1:金属製は、かなり重い

金属製フレームは、とにかく重いです。

特に、マットレスを置くためのメッシュ棚がめちゃくちゃ重い。これだけで30kgくらいあります↓↓

この重いメッシュ棚をフレームに引っかけて乗せる作業で難儀し、組み立てるのは骨が折れました。

金属タイプは、男の僕でも苦労したので、女性一人で組み立てるのは困難だと思いますできれば二人以上で組み立てる方が良いです。

木製のフレームは、もっと簡単に組み立てられると思います。

注意点2:たまったホコリの掃除が面倒

ベッド下というのは、部屋の中でも最もホコリがたまる場所なんです。

掃除をさぼると、厚みが出るほど。まさにホコリが「積もり」ます。

なので定期的に掃除をした方がいいのですが…衣類ケースを置くと、掃除機をかけるのにいちいち移動させなければならないので、掃除が面倒になります。

それでも掃除機は、ぜひ定期的に当てましょう。オススメの掃除機については、こちらをどうぞ↓↓

一人暮らしに最適な掃除機をご紹介、これ一台あれば綺麗になる!太陽です。 一人暮らしにとても役立ったアイテムの紹介。 今回は【掃除機】の紹介です。 掃除機と言っても、大きさとか形と...

注意点3:けっこうスペースが取られる

ベッド下に収納できるフレームは、全体的な高さがけっこうあるので、意外とスペースを取ります。

なので、最初はすこし圧迫感を感じるかもしれません。すぐに慣れますが。

それよりもやはり、ベッド下に収納できるのは魅力的です。

注意点4:衣装ケースは、高さや幅に気を付ける

ベッド下に置く衣類ケースは、高さや幅など、あらかじめ組み合わせを計算しておいた方が絶対良いです。

僕も色々とシミュレーションをしてから衣類ケースを買いました。

せっかく衣類ケースを買っても、ベッド下に入らないこともあり得るので、注意して下さい。

まとめ:ベッドの下の空間を使わない手はない!

以上、ベッド下に衣類ケースを置けるベッドフレームの紹介でした。

引っ越して1年経ちますが、ベッド下に収納を作っておいて本当に良かったです。

かなり有効に空間を活用できますよ。空間が大きいので、服の大部分をベッド下に収納することが出来ました。

一人暮らしでは、収納を工夫するととても快適に生活できるので、興味のある方はぜひ参考にして頂ければと思います。

【この記事の3つのまとめ】

①ベッド下を収納スペースとして活用できるベッドフレームはオススメ

②ベッド下は空間が大きいので、かなりたくさん収納できる

③金属製はかなり重いので注意が必要。出来れば二人以上で組み立てる方が良い

太陽