気づき

102歳のお年寄りから学んだ、人生を決める考え方の極意とは!?

太陽です。

夏至を過ぎましたね。

夏至を境に、だんだんと日が短くなっていきます。

日に日に、暑い日も増えてきました。

 

季節は移り変わっていきますね。

しかし!移り変わるものの中で、変わらない真実も存在するんです!

 

今回は、「引きこもりと年齢」についてのお話です。

引きこもっている方の中には、もう10年以上、20年以上引きこもってる方もいるでしょう。

 

自分の年齢を気にして、もう遅い・・と思っている方もすごく多いのではないでしょうか。

 

「引きこもり続けてアラフォーになってしまった・・・自分の人生終わった・・・」

という方もいるかもしれません。

 

そんな方に、ぜひ見てもらえれば嬉しいです。

とあるテレビ番組から、気づきが始まった

昨日、とあるTV番組を見ていた時の事。

 

普段はテレビはあまり見ないのですが、今日はたまたまテレビがついてたので見たんです。

「ナニコレ珍百景」という番組でした。

 

全国津々浦々の、非常に珍しい光景や名物、元気なお年寄りなどを紹介するという趣旨のテレビ番組なのですが・・・

その中で、驚くべきお年寄りが取り上げられていたんですね。

 

年齢は何と、102歳!!

 

現在の元号・令和から時代を遥かさかのぼり、平成も昭和も飛び越して、大正のお生まれですね。

ちょっと想像がつきません。

102歳のおじいちゃんが言った、衝撃的な言葉

ですが本当に驚くのは、ここから!

 

何とそのおじいちゃん・・・102歳にして、現役の陸上競技選手だったんです。

しかも100歳の時、100歳~104歳クラスの60m走で、日本新記録を樹立された!

日本記録保持者だそう!

 

10年ほど前に奥さんを亡くされたあとはずっと一人暮らしで、

毎朝午前4時に起き、家事を全てこなしたあと、毎日のトレーニングを欠かさずやっていらっしゃるとの事。

これだけでも十分すごい、まさにスーパーなおじいちゃんなのですが・・・

 

番組の最後、このおじいちゃんの最後の言葉に、僕は心を奪われました。

彼は何と言ったのか・・・?

 

「私の人生は、これからです!!」

 

自分自身の引きこもり時代を思い出した

この言葉を聞いて、すごく感動しました・・。

と同時に、自分自身の引きこもっていた時を思い出したんです。

―――――

僕が引きこもっていたのは、20歳~25歳の頃。

人生でもかなりしんどい時期で、なんていうか、絶望しかないように感じていました。

「僕の人生は、もう終わった・・」そういう事しか考えられなかった時期です。

 

引きこもりから出てきた後も、なかなか働けず年齢だけをいたずらに重ねるように感じました。

やはり自分の人生はもうダメだ。人生をやり直したい・・と、自分を責めて、

もう戻らない過去のことばかり考えていたんです。

 

その後、一生ものの趣味にも出会い、引きこもり支援団体で仕事をさせてもらうようになり、自分と向き合う中で少しずつ考え方が変わっていきました。

自分の未来に、少しずつ目を向けられるようになっていった。

しかし・・・

今でも心のどこかで、もう取り戻せない過去を悔やむ気持ちも残っているんです。

この気持ちは、消したりするものではなく、ずっと一生付き合っていくものなのかも知れないな・・と

102歳のおじいちゃんの言葉に、勇気をもらった

そんな中出会ったのが、ナニコレ珍百景の102歳のおじいちゃんの言葉でした。

102歳にして、自分の人生はこれから、と言い切る、おじいちゃんのエネルギー。

 

ものすごく感動するのと同時に、勇気をもらえたんです。

 

いつだって、人生は今しかない。

過去を悔やむより、これからの人生を一生懸命、情熱を注いで生きてみませんか?

そんな風に言ってもらえた気がしました。

 

きっと、このおじいちゃんも、辛い事・悲しい事、いっぱいあったと思うんです。

生きてるのが嫌になった事さえ、あったと思うんです。

 

でも、人生を102年間、辛い事悲しい事全てひっくるめて受け入れて、前を向いて生きてきた・・・だからこその言葉なんじゃないか、と。

 

そして、このおじいちゃんがこんなに元気で、102歳になってもなお陸上競技をされているのも、「人生これから!」という意識がおじいちゃんを若々しくさせているからではないかな、と思いました。

人生は、いつだって再スタートできる

今現在、引きこもっていて、辛い時間を送っている方は、本当に大変な時期だと思います。

引きこもっていて、辛い時間を送っている方は、今本当に大変な時だと思います。

 

だけど、覚えていて欲しいです。

 

必ず、引きこもりから抜け出れるし、必ず今の経験を生かせるときが来ます。

自分の人生は終わった・・なんて、自分には価値がない・・なんて、とんでもない。

絶対にそんな事はありません。

 

引きこもっていて、例え40歳になっても、50歳になっても、そこから再スタートすればいいんです。

 

いくつになっても、もう遅いなんてことは、決してないんです!

これからは、「人生これから!」という気持ちを、意識して選んでみませんか。

もう戻らない過去を見るのではなく、これからやってくる未来を見つめるんです。

この記事のまとめ

・引きこもっていても、もう遅いなんてこと絶対ない

・人生は、いつでも再スタートできる

・人生はこれから!という意識を選ぶようにする

 

普段テレビをあまり見ない僕ですが、こんな気づきに出会える事もあるんだなあと思いました。

思いがけない所に、気づきのヒントがあると思いました。

何かないかな?と探しながら、テレビを見てみる事も、とても良いのではないかと感じました!

太陽